7月20日(海の日)理学療法士の田野先生とコラボセミナー!

フィットネスプロダクト

7月20日(海の日)理学療法士の田野先生とコラボセミナー!

カテゴリー/ セミナー

名称/7月20日(海の日)理学療法士の田野先生とコラボセミナー!

日程/2015年7月20日(月)

講師/
講座①大久保進哉(フィットネスプロダクト代表)
講座②田野正洋(せせらぎ鍼灸整骨院長津田院 体塾-Athletic Sports Labo 塾長)

時間/
講座①10:00~12:00
「“スポバンド”を用いた、中高齢者を運動する気にさせる!エクササイズ」
講座②13:00~17:00
「中・高齢者の機能改善を目的としたトレーニング」

場所/ヒューマンアカデミー横浜校

内容/
講座①今回は、中高齢者の運動機能向上の内容に絞った内容です。アスリートへの運動指導とは、少し異なり、中高齢者への運動指導は、以下を心がけております。
1.身体への変化を感じられること
2.安全第一だが、少し可能性にチャレンジして頂くこと
3.主役であるお客様を尊重し、あくまでもトレーナーはわき役であること
また、皆様、“スポバンド”はご存知でしょうか?従来のゴムチューブとは、少し異なり、長さが途中で区切ってあるので、負荷を変化させることがカンタンにできます。また、足首などに巻くのも、とてもお手軽です。持ち運びも手軽ですし、見た目もお洒落ですので、私もとても重宝しております。今回は、このスポバンドを用いたエクササイズと併せて、ご紹介させて頂きます。

講座②中・高齢者の機能改善を目的としたトレーニングを考える際に必要なキーワードとして「ロコモティブシンドローム」と「サルコぺニア」があります.どちらも下肢筋力やバランス機能の観点から自立した日常生活動作を目標にします。それぞれ原因や発生機序を病理学的に検討することも重要ですが,本ワークショップではMissUseを中心とした機能的な観点からの発生機序を検討します。具体的に「ロコモーション(移動)」を歩行のバイオメカニクスから考え,さらに比較解剖学を用いて下肢筋群それぞれに課せられた使命は何なのか!?というところまで言及したいと考えています。そして,下肢筋群を機能的に捉えたときにロコモーション能力を最大限引き出すためのトレーニングをいくつかご紹介・共有させていただければと考えています。
特に以下の三点を学んで頂けます。
1) ロコモティブシンドロームとサルコぺニアの理解・対応能力向上
2) ファンクショナル(機能的)トレーニングの本来の意味を捉える
3) 筋の能力を最大限引き出すためのトレーニング方法の習得

対象/パーソナルトレーナー、スポーツインストラクター、アスリート 等

参加費/
講座①と講座②の二講座受講で、12000円→10000円
講座①5000円(税抜)
講座②7000円(税抜)

定員/先着順(定員になり次第締め切り)

申し込み締切/2015年7月17日

申し込み受付/HP(http://fitness-product.jp/archives/897)より

問い合わせ/Fitness Product

いいね!でスポ流最新情報GET

関連記事

ページ上部へ戻る