医療×スポーツヘルスケア展示会【メディスポ】初開催!

メディスポ

News Release

構成展示会として『介護・福祉設備機器展』を初開催
更に、集中展示コーナーには『医療・介護現場のための“働き方改革”コーナー』と、
予防医療に繋がるスポーツヘルスケア『“メディスポ”』も初開催!

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、一般社団法人日本医療福祉設備協会(以下、HEAJ、会長:森村潔)と共催で、2018 年 11 月 20 日(火)~22 日(木)の 3 日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で、医療福祉機器・設備に関する専門展示会「HOSPEX Japan 2018(ホスペックスジャパン)」を開催します。

本展示会は毎年、日本医療福祉設備学会の併設展示会として開催されており、本年で 43 回目を迎える歴史と伝統のある展示会です。同時開催する日本医療福祉設備学会は本年で 47 回目を迎え、学会長には HEAJ 副会長であり、東京大学医学部附属病院手術部 部長・教授の安原洋氏が務めます。

また、本年は新たに介護福祉をテーマとした構成展示会「介護・福祉設備機器展」を初開催し、医療だけで
はなく、介護・福祉に関する製品・サービスも広く出展募集します。さらに、集中展示コーナーには「医療・
介護現場のための“働き方改革”支援コーナー」や、予防医療に繋がるスポーツヘルスケア分野の「メディス
ポ」を初開催します。

■主催:一般社団法人日本医療福祉設備協会、一般社団法人日本能率協会
■会期:2018 年 11 月 20 日(火)~22 日(木)10:00~17:00
■会場:東京ビッグサイト 東 1・2 ホール
■構成展示会:病院設備機器展、介護・福祉設備機器展、病院福祉給食展、
医療・福祉機器開発テクノロジー展
集中展示コーナー:「医療・介護現場のための“働き方改革”支援コーナー」
「メディスポ」
■展示予定規模:約 350 社、650 ブース
■来場予定者数:20,000 人

予防医療に繋がるスポーツヘルスケア分野『メディスポ』新設
国策としての医療費、介護保険給付の削減に向けた取り組みが行われる中、健康寿命の延伸や公的保険外の予
防医療の拡充などが求められています。 HOSPEX Japan 2018 では病院が主導する新たな予防サービスに繋がる医療 × スポーツヘルスケア(健康増進・予防)融合した「メディスポ」を開催し、 これからの時代に求めら
れる新しい病院経営、医療従事者への健康管理の形を提案します。

【出展対象】
フィットネスマシン、トレーニングツール、トレーニングウェア、EMS、ウェラブル機器、測定器、動作分析ソ
フト、センサー・カメラ、食事管理サービス、運動指導プログラム、会員管理、運動指導者派遣・監修、健康
食品、サプリメント/素材・原料、リラクゼーション機器、施設設備(音響・照明・映像・加湿機器・抗菌加
工)、糖尿病予防・認知予防対策製品・サービス、等

集中展示『医療・介護分野のための“働き方改革”支援コーナー
政府の重点施策の一つとして挙げられ、昨今、注目を集めている“働き方改革”。中でも、医療・介護現場の働
き方改革は本年の診療・介護報酬改定において基本方針に盛り込まれるなど、シフトワークをはじめとした、
医療・介護現場ならでは労働環境に対するソリューションのニーズが高まっております。本コーナーでは医療・
介護現場での働き方改革に役立つソリューションや製品の出展を広く募集します。

【出展対象】
作業負荷を軽減し、スタッフの健康を守る機器・ロボット、健康管理IT製品/サービス(アプリ)、保健事業
支援製品/サービス、業務効率向上を実現する IT ソフト・アプリ、働きやすい環境を整えるオフィス家具、ス
ポーツ・レクリエーション用品
スタッフのくつろぎのひと時を演出する設備勤怠管理システム、モニタリングシステム、クラウドシステム、
遠隔診断用テレビモニター、通信システム、各種センサー、など

医療介護連携の場として初開催!「介護・福祉設備機器展
今後、ますます高齢化が進む我が国では、その対応策として医療と介護の連携を推進していく方針です。また、
本年は診療報酬と介護報酬の同時改定の年にあたり、医療と介護双方が注目を集めています。今回 HOSPEX Japanでは、介護・福祉分野に更に力を入れ、これまで病院・福祉設備機器展の中の出展対象の一つであった介護・福祉分野の商材に焦点を当て、介護・福祉に特化した構成展示会を新設します。

【出展対象】
○介護・福祉機器
(移動機器、移動補助製品、福祉車両、入浴用品、トイレ・おむつ用品、コミュニケーション機器、介護支援
システム、リネン製品、見守りロボット、見守りケアシステム、見守りセンサ、見守り機器、介護ロボット な
ど)
○リハビリ機器
(運動療法製品(トレーニング器具)、物理療法製品(電気療法、温熱療法、超音波療法など)、介護/疾病
予防製品(口腔ケア製品、認知症予防機器)、評価測定装置(体組成測定機)、作業療法関連製品(テーブ
ル、椅子など)、移動支援機器/補助用具(車いす、歩行器、手すり、自助具)、コミュニケーション補助用
具、義肢、ゲーム、遊具、介助関連設備(特殊寝台、入浴補助、腰掛便座、リフト、エレベーター)、調理、
食事、生活用品、その他、理学/作業療法/言語聴覚関連製品、など)

【本件に関する問い合せ先】 一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内
HOSPEX Japan 事務局(担当:久壽米木(くすめぎ)、草柳、金井)
〒105-8522 東京都港区芝公園 3-1-22
TEL: 03-3434-1988/FAX: 03-3434-8076 E-mail : hospex@jma.or.jp
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします。

関連記事

ページ上部へ戻る