①~ストレッチで美身体を実現~ 心と体を動かす芙悠子の簡単ストレッチコラム

katayama011

~ストレッチで美身体を実現~

心と体を動かす芙悠子の簡単ストレッチコラム

はじめまして、ストレッチインストラクターの片山芙悠子です。
ストレッチのクラスを担当していると、受講者から多くのカラダの悩みを耳にします。
ここではみなさんがお持ちのカラダの「疑問」を解決し、「予防法」をストレッチを交えながらお伝えしていきます。

 

No.1「ふくらはぎがつる!」

春が近づいているとは言え、まだまだ寒い日が続きますね。
夜中寝ていると突然、ふくらはぎがピキーーンと固くなり、動けなくなった・・・
そんな経験ありませんか??
そう、「ふくらはぎがつった」状態です。
特に寒い季節は多くの方から頂く、「どうしてつるの?」という質問。
本日は、ふくらはぎがつる原因と、その予防法をご紹介します。

Q どうしてふくらはぎがつるの???
ふくらはぎがつる原因はいろいろありますが、大きく分けて、
1 筋肉の疲労
2 急激な温度の変化
3 栄養不足
があげられます。

●筋肉の疲労●
文字通り、筋肉の使いすぎからくるものですね。
水泳やジョギングなど運動をすることで疲労物質が体内に溜まります。
運動によって疲れた筋肉は縮んでいます。その縮んだ筋肉をしっかり伸ばしてあげなければ、筋肉は収縮した状態で固まってしまいます。本来、疲れた筋肉も徐々に緩んできますが、過度に刺激を受けると強く収縮してしまうんです。それがふくらはぎがつる原因の1つです。
ただ激しく運動をしていない方も要注意です!!日常生活の疲れが積み重なってくる筋肉疲労も十分あります。使った分だけしっかりケアをしてあげることが大切ですね!

●急激な温度の変化●
さあ、これは特に暑い夏や寒い冬は要注意です!!
部屋の温度が急激に低くなると、身体が緊張状態になり血行が悪なってしまいます。そうすると筋肉を伸ばしたり縮めたりと上手くコントロール出来なくなります。
これがふくらはぎがつる原因なんです。
冷房をつけっぱなしにして寝てしまったり、暖房をとめることで部屋の温度が急激に下がったりと、なにかと寒暖の変化が多い夏や冬は特に、これが原因で睡眠中にふくらはぎがつってしまう方、多いんです。

●栄養不足●
これは電解質のバランスが崩れることで起こります。
簡単に言うと、ミネラルが不足してしまうことで起こるのです。
ミネラルは筋肉や神経の動きを調整する働きがあるので、不足すると筋肉が痙攣しやすい状態になってしまうのです。汗をたくさんかいたときは要注意!夏場はもちろん、冬の季節も実は睡眠中にコップ1~2杯の汗をかいているのです。
中高年の方は汗や尿と一緒にミネラルも多く排出してしまいがちなので、特に注意が必要です。
ミネラルの中でも、カルシウムとマグネシウムが不足してしまうとふくらはぎがつりやすくなってしまいます。日常生活からしっかり栄養ある食事を心がけていくことも大切ですね!

 

②へ続く>>

この記事の著者

片山 芙悠子

片山 芙悠子

2014年WKPA協会認定ピラティスインストラクター資格取得。現在、ストレッチインストラクター、ピラティスインストラクター、子供向けダンス講師等として活動の幅を広めている。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る