キレイ女子7つの秘訣<辻茜>

rs0378

記事提供元:心と体のストレスケアマガジンWASA-V

=WASA-V アサイー&プロテイン プレゼンツ=

キレイ女子7つの秘訣


スポーツ・フィットネス・カルチャーなど日々目標に向かって努力する女性の健康と今後の活躍を応援するWASA-Vビューティーサポートプロジェクト企画第三弾は体の内側と外側をキレイに保つ秘訣を各業界のプロフェッショナルにインタビューしていきます。


第五回目のゲストは辻茜さん

プロフィール
幼少よりクラシックバレエを始め、松山バレエ学校、同バレエ団を経て、パリに留学。その後渡英。
Vienna Festival Ballet にてソリストとして活躍中に怪我を機にピラティスに出会う。
渡米し、ピラティスをDolly Kelepeczに師事。
ネバダ州立大学公認 DK Body Balancing Pilates を取得。
ラスベガス、カリフォルニアにてインターンを行いクラスを学ぶ。
帰国後は、一人一人に合わせたオーダーメイドのクラスを行い、ピラティススタジオの他、バレエスタジオ等でもワークショップをするなど、一般の方からダンサー、アスリートまで丁寧な指導を心掛けている。
2014年 ミスユニバース ビューティーキャンプの講師なども務め、各イベント講師や雑誌、メディアなどにもプログラムを提供し、DK Pilates のマスタートレーナとして養成コースも開催しトレーナー育成も行っている。
自身の妊娠を機に、一般社団法人ウイメンズヘルス協会を立ち上げ、マタニティーピラティスのプログラムや乳がんケアリカバリープログラムも手がけ、女性の為のヘルスケアプログラムのを制作。
「Body Making Studio Aulii」代表 「一般社団法人ウイメンズヘルス協会代表理事」
•DK Body pilates Method マスタートレーナー
•BASI Pre-and-Post Natal Teacher Training Course 取得
•YFF 認定コース修了
•YBR認定コース修了
•International Association for Dance Medicine and Scienceメンバー
•Pilates C.A.R.E.S 取得
•2011 インストラクター オブ ザ イヤー 受賞
•2014ミスユニバースビューティーキャンプ 講師


食の秘訣

健康とキレイを保つ食事の方法や実践していることがあれば教えて下さい。


毎朝酵素ドリンクなどを摂り、野菜、たんぱく質などはなるべくバランスよく摂るように心がけています。特に職業上、たんぱく質は大事なので積極的に摂るようにしています。


運動の秘訣

健康とキレイを保つ運動の方法や実践していることがあれば教えて下さい。


ピラティスインストラクターなので、朝起きた際には脊柱の動きや深呼吸をすることで、身体をシャキッと起きられるように、朝一のロールアップ、ダウンというピラティスのエクササイズに、お腹のストレッチは毎日の日課にしています。


睡眠の秘訣

健康とキレイを保つ睡眠の方法や実践していることがあれば教えて下さい。


子供が産まれてからは、一緒に寝ることが多いため、以前よりも早く寝ることが増えましたので、睡眠前に子供と一緒にゆるいピラティスのワークをしています。


美容の秘訣

健康とキレイを保つ美容の方法や実践していることがあれば教えて下さい。


基本的には特別な事ではなく、できるだけシンプルに毎日できることをしています。
スキンケアも、できる限り自然に近いものを使い、子供と共有できるものを使用しています。


心の秘訣

普段の生活でストレスをためない工夫や解消方法があれば教えて下さい。


やりたいことを声に出して、やってみること。
やらずに後悔するより挑戦してみたいので、全力で取り組むこと。
そして、楽しいと思うことを思い切り楽しむことにしています。


仲間の秘訣

現在の活動を応援してくれている仲間へのメッセージをお願いします。


自分には到底できそうにないことも、周りの方々の支えにより少しずつ形になり進んでいると思います。これまで関わってくださった皆様との出会いにいつも感謝しています。
これからも精進して参りますので、宜しくお願い致します。


目標の秘訣

今後の目標を教えてください


ピラティスというボディワークを通して、健康や美容のお手伝いができるようにと考え、今は行政やメディカルの場との連携を目標に活動を増やしています。
ピラティスが単なるコアトレーニングではなく、元々リハビリから生まれたワークであり、ボディシステムであり、それにより多くの方がピラティスを通して心身共に健康で美しくなっていただけるようなものであると伝わるように、スタジオでのレッスン以外に、健康イベントやリトリートを企画、活動の場を増やしていきたいと思っています。
特に今年設立した一般社団ウイメンズヘルス協会では、産前産後のピラティス、ママとキッズの為のピラティス、乳がんリカバリーケアの為のピラティスなどのプログラムを考案し、一緒に活動してくださる方の育成などにも力を入れていきたいと思います。

記事提供元:心と体のストレスケアマガジンWASA-V

関連記事

ページ上部へ戻る